川口 軌外 KAWAGUCHI Kigai 1892-1966

和歌山県吉備町生まれ/1909年和歌山師範学校に入学 美術部に入る/1912年画家を志し上京 太平洋画会研究所で中村不折に学ぶ/1914年日本美術院洋画部で小杉未醒に師事/1919年から1929年にかけて2度渡欧 佐伯祐三、前田寛治らと交わる/1929年第16回二科展二科賞/1930年1930年協会会員となる 独立美術協会設立に参加/1947年国画会会員/1952年第26回ヴェネツィア・ビエンナーレ展(イタリア)/1953年日本アブストラクト・アート・クラブの結成に参加/1954年第1回サンシュマン展 以後、たびたび出品/1957年現代美術10年の傑作展(東京国立近代美術館)/1964年第1回和歌山県文化賞

 <参考資料>
   
「川口軌外展 1973」
 
「川口軌外展 -ある洋画家の軌跡」
「川口軌外展 1973」

編集・発行 1973年 和歌山県立近代美術館
 
「川口軌外展 -ある洋画家の軌跡」

編集・発行 1999年 和歌山県立近代美術館
Kawaguchi Kigai Retrospective
 
     
「静 物(コンポジション)」
「静 物(コンポジション)」
油彩 10号
「静物」
「静物」
油彩 8号
「静 物」
「作品」
水彩 51×36,5cm
ページトップへ

BACK

copyright