上村松園没後50年。それほど経ても、松園への憧憬はひけをとらず日ましに増幅するばかりだ。苦渋を研鑽に、ひたむきな努力はその後に辿りえた誰も成しえなかった円熟域。追随を許さない清新な女性たちを描く独特の松園世界だ。稀にみる日本画家として女性初の文化勲章は、実力とともに、いまもその人気の衰えを知らない。昨年の上村淳之展を契機に松園談話が高まり松篁翁のこと、再び淳之の三代展へと話題が進行、九年以前の三代展(当画廊企画)に続いて二度目の三代展となりました。その間、ひと昔、移りゆく世の中の早いめぐりを思います。そして尚人気抜群の松園を囲む松篁、淳之の世界に日本人を感じます。どうか御高覧下さいますよう、お待ち申し上げております。
 
     
 

1875年(明治8年)〜1949年(昭和24年)74歳 京都に生まれる。 1948年 女性として初めての文化勲章を受賞。

           
     

「序の舞」シルクスクリーン
 

「牡丹雪」シルクスクリーン
           
     
 

1902年(明治35年)〜2001年(平成13年) 上村松園の子として京都に生まれる。1984年 文化勲章を受賞。

 
       
     

「牡丹」木版
 

「月」シルクスクリーン
           
     
 

1933年(昭和8年)〜   京都に生まれる。 祖母・松園、父・松篁、親子二代で文化勲章を受賞した 優れた芸術家の家系を受け継ぎ、伝統的な花鳥画の世界に新境地をひらく。

 
 
   
     

「爽秋」エッチング・アクアチント
   

ページトップへ


copyright
お問い合せ・gallery@buffetfive.com