バックナンバー

沖 康氏 作陶展 海南市での展覧会

 

沖 康氏 作陶展

沖 康史氏のやきものの腕の程を人伝(ひとづ)てに聞いて陶芸工房を訪ねたのは、もう30有余年以前にもなる。それから後、高野山の麓、天野の地に窯を開き、世間の話題となった。その頃の窯場は珍しく、見学にお伺いしたその日は、雨あがりの泥濘(ぬかるみ)の道に、タイやをとられ往生した思い出がある。

繋りとは不思議なもので個展の機会は幾度もあっただろうに、とうとういまになった。

初めての出会いから30有余年を過ぎた今、作陶の展覧会を開かせていただく。何んだか妙な緊張感がある。

会場はアバローム紀の国、オープン10周年を記念したもの。作家、主宰者共々それなりの意識を内にして、オブジェをはじめ茶碗、香炉などと日常身辺にある器、雑器等さまざまな200余点を展観いたします。ご来廊の程こころよりお待ちいたしております。

 

窯風景

ページトップへ

copyright
お問い合せ・
gallery@buffetfive.com