画廊ビュッフェファイヴ

073-482-1994

営業時間:10:00~18:00 定休日:水曜日

7月の 画廊セレクション〈特別〉展

7月の 画廊セレクション〈特別〉展

 

7月の 画廊セレクション〈特別〉展

 

今展は画廊セレクションとして11作家の逸品を選んだ
特別展としてご覧いただきます。

ご高覧頂きますようご来廊お待ち申し上げます。

 

7/4(土)~7/19(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

※画廊内のウイルス対策に心掛けております。

 

 

 

出品作家

ベルナール・ビュッフェ 版画
山本桂右 版画
織田廣喜 油彩
浜口陽三 版画
川口軌外 油彩・水彩
原 勝四郎 油彩
米良道博 油彩
ヘンリー杉本 油彩
木下克己 水彩
中村善種 油彩
雑賀紀光 油彩・水墨
福井江太郎 日本画(予定)

 

 

ヘンリー杉本「チャーチ・アラウンド・コーナー」油彩 12号 雑賀紀光「薔薇」油彩 10号 川口軌外「鳥と人」1959年頃 油彩 12号 米良道博「ケシ花」油彩 6号 木下克己「海」1969年 水彩 55×39,5cm

「絵画市」開催中です

「絵画市」開催中です

 

6月用の看板(たれ幕)はこのようになっています。

 

入口からは主に版画を集めて展示しておりますが、様々なジャンルの作品を全体に並べています。
この機会に是非ご来廊くださいませ。21日まで。

 

 

「絵画市」開催中です

 

 

6月の絵画市

 

6月の絵画市

 

恒例 半期に一度の絵画セールです。
洋画、日本画、版画、彫刻など、
この期間ならではのバラエティーに富んだ作品を展示即売いたします。
出品点数100点以上
お早い目の御来廊、お問い合わせお待ち申し上げます。

 

6/6(土)~6/21(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

※画廊内のウイルス対策に心掛けております。

6月の絵画市

6月の絵画市

 

6月の絵画市

 

恒例 半期に一度の絵画セールです。
洋画、日本画、版画、彫刻など、
この期間ならではのバラエティーに富んだ作品を展示即売いたします。
出品点数100点以上
お早い目の御来廊、お問い合わせお待ち申し上げます。

 

6/6(土)~6/21(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

※画廊内のウイルス対策に心掛けております。

 

 

 

出品予定作家

ビュッフェ、奈良美智、有元利夫、東山魁夷、佐伯祐三、川口軌外、絹谷幸二、熊谷守一、藤田嗣治、片岡球子、村上 隆、金子國義、ミュシャ、岡本太郎、手塚治虫、竹久夢二、ジャンセン、ワイズバッシュ、アイズピリ、グラハム・クラーク、千住 博、ルオー、スペンス、カシニョール、コタボ、セイヤー、稗田一穂、平山郁夫、村井正誠、難波田龍起、荻須高徳、織田廣喜、元永定正、浜口陽三、山中 現、畦地梅太郎、名嶋憲児、川口軌外、保田龍門、原 勝四郎、米良道博、湯川三舟、雑賀紀光、中村善種、高田博厚 ほか

 

 

ビュッフェ「花瓶のバラ」リトグラフ 33×24cm

「抽象アートを楽しむ展」開催中

「抽象アートを楽しむ展」開催中

 

“抽象アート”のタイトルでの展覧会は人気企画のひとつです。
今展もコロナの影響のある中、9日よりお客様にはご来廊いただいており感謝しております。

 

 

「抽象アートを楽しむ展」開催中

 

作家は約20名。版画やオブジェの小品から存在感のある油彩など。
手前は岡本勝利の石の彫刻「科戸之風」。

 

 

 

抽象アートを楽しむ展

 

抽象アートを楽しむ展

 

線、形、色彩などを追求した抽象アートの世界は
見るものに感覚的に自由な発想で楽しむ面白さを与えてくれます。
今展では約20名の作家による油彩、版画、立体など
1950年代から現代までの様々な作品約50点を展示いたします。

 

5/9(土)~5/24(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

※画廊内のウイルス対策に心掛けております。

抽象アートを楽しむ展

抽象アートを楽しむ展

 

抽象アートを楽しむ展

 

線、形、色彩などを追求した抽象アートの世界は
見るものに感覚的に自由な発想で楽しむ面白さを与えてくれます。
今展では約20名の作家による油彩、版画、立体など
1950年代から現代までの様々な作品約50点を展示いたします。

 

5/9(土)~5/24(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

※画廊内のウイルス対策に心掛けております。

 

 

 

主な出品予定作家

川口軌外、村井正誠、野見山暁治、保田春彦、野田裕示、
湯川雅紀、泉 茂、吉田政次、岡本勝利、高井貞二、
難波田龍起、元永定正、山中 現、佐竹邦子、
藤田夢香 他

 

 

川口軌外「作品(集団)」油彩 20号 川口軌外「作品A」1955年 油彩 20号 湯川雅紀「Torso」2019年 油彩 30号 村井正誠「自画像」1993年 シルクスクリーン 61×82cm岡本勝利「連結」2019年 黒御影石 H64.5cm

5/9(土)からの「抽象アートを楽しむ展」

緊急事態宣言が延長される見通しとなりましたが、
変更を重ねた5月の展覧会は9日からの開催に向け準備を進めております。

 

引き続き画廊内のウイルス対策に心掛けております。

 

※8日まで営業時間の短縮を行います。何卒宜しくお願い致します。

展覧会のお知らせ

先般の「佐藤勝彦展」に於いては、このような状況にもかかわらず

ご来廊頂きましたお客様には心より感謝申し上げます。

 

5月2日からの展覧会日程の変更をお知らせいたしましたが、

「抽象アートを楽しむ展」は一週間延期の5月9日から24日までの期間で開催させていただく事と致しました。

何卒宜しくお願い致します。

 

※画廊内は引き続きウイルス対策に心掛けています。

佐藤勝彦〜墨彩画とやきもの展

佐藤勝彦〜墨彩画とやきもの展

 

佐藤勝彦〜墨彩画とやきもの展

 

当画廊では二年半ぶりの展覧会となります。
墨彩画をはじめ やきものなど幅広く制作し続け
情熱的で〝あるがまま〟に生き抜いた佐藤勝彦の世界をご覧いただきます。
墨彩画50点以上 やきもの100点以上出品

 

4/4(土)~4/19(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

 

 

 

略歴

  • 1940年満州大連生まれ。母の郷里岡山県上房郡賀陽町で少年時代を過ごす。
  • 鳥取大学を卒業後、小学校教諭を23年間務める。
  • 中川一政展に刺激を受け、独特の作風で絵画、書、陶芸などの作品を発表。
  • 1975年季刊『銀花』の一冊に一枚ずつの肉筆画8万枚を十ケ月間で描いた特集号の発刊や、
    NHK教育テレビの出演が大きな反響を呼ぶ。
  • 全国各地で年50回の展覧会を30年以上続けた。
  • 2017年逝去。
  • 著書に「佐藤勝彦作品集」「ありゃせん ありゃあせん」「大丈夫ええようになる」「こころの書」など多数。

 

  • 画廊ビュッフェファイヴでは1992年の初個展より約20年間 毎年開催。

 

 

 

「生かされて無事」佐藤勝彦 「天下一寿山」佐藤勝彦 「目出太也 安利賀太也」佐藤勝彦 やきものいろいろ 佐藤勝彦

郷土物故作家 4人の洋画家展

郷土物故作家 4人の洋画家展

 

郷土物故作家
4人の洋画家展

 

今展は、和歌山洋画壇を担い 多くの方々に親しまれながら御活躍された
洋画家4人の作品をご覧いただきます。
昨年行いました浜田邦男遺作展の再出品(約50点)を含め、
それぞれの稀少な作品を 総数約80点の内容でご覧いただき
すべて特別価格にて販売いたします。
この機会に多くの皆様の記憶にとどめていただければと願っております。

 

2/29(土)~3/15(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

 

 

 

中村善種 1914(大3)~1995(平7)

和歌山師範学校、独立美術協会、青甲会結成、京都府・京都市文化功労賞、和歌山市文化賞

 

橘 喜久雄 1919(大8)~1994(平6)

和歌山師範学校、独立美術協会、青甲会、和歌山県文化功労賞

 

浜田邦男 1918(大7)~2011(平23)

東京美術学校、青甲会、海南市文化賞、和歌山県文化功労賞

 

雑賀紀光 1911(明44)~1993(平5)

和歌山師範学校、海南市文化賞

 

 

中村善種「三方五湖(みかたごこ)」油彩10号 橘 喜久雄「おさない道化」油彩6号 浜田邦男「トルコ風景」油彩120号 雑賀紀光「三段壁」油彩8号

純粋な心の筆跡
原 勝四郎 展

純粋な心の筆跡 原 勝四郎 展

 

純粋な心の筆跡
原 勝四郎 展

 

清貧と孤高の洋画家 原勝四郎が亡くなって56年が経ちます。
愛し続けた紀南の自然、家族、身近な静物などを
生涯に渡って描き続け唯一無二の芸術を遺しました。
その独特な表現と生き方は今もなお高い評価を受け続けています。
近年蒐集が難しい中、今展は油彩画10点と墨彩画4点を出品致します。
この機会に是非ご高覧頂きますようご来廊お待ち申し上げます。

 

2/1(土)~2/16(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

 

 

 

原 勝四郎 略歴

 

  • 1886年 田辺市生まれ

  • 1904年 田辺中学卒業~東京美術学校西洋画科予備科に入学

  • 1915年 熊谷守一と親交を深める

  • 1917年 渡仏~翌年パリの画学校に通う

  • 1919年 南フランス~イタリア、アルジェリアを放浪

  • 1921年 再びパリに戻り日本帰国/第8回二科展入選

  • 1929年 竹中厚子と結婚/第16回二科展出品 以降1943年まで出品を続ける

  • 1930年 日高昌克と交友が始まる 後に二人展を開く

  • 1934年 日本画(墨彩画)を描き始める

  • 1948年 第2回二紀展出品 以降1960年まで出品を続ける(1953年から郷里の有志により後援会発足)

  • 1964年 逝去

  • 1979年 NHK日曜美術館 藤枝静男の「私と原勝四郎」放映

  • 1992年 NHK日曜美術館 「潮騒の画譜・原勝四郎」 放映

 

 

 

主な展覧会

 

  • 和歌山県立美術館 1965年

  • 京都国立美術館 1967年
  • 和歌山県立近代美術館 1972年
  • 梅田近代美術館 1973年
  • 神奈川県立近代美術館 1973年
  • 田辺市立美術館 1997年、2011年

 

 

併設

 

日高昌克(墨彩画) 鈴木重雄(油彩画)

 

 

「塔島風景」油彩 6号 「バラと静物」油彩 8号 「風景」油彩 4号 「バラ」油彩 4号

画廊ビュッフェファイヴ