画廊ビュッフェファイヴ

073-482-1994

営業時間:10:00~18:00 定休日:水曜日

小林美佐子 作家紹介

小林美佐子「夜の窓辺」2017年 銅版画、リトグラフ、手彩色 23×16㎝ パネル貼り

「小林美佐子/夜の窓辺」

 

 

 

版画家・小林美佐子は銅版画とリトグラフの上に手彩色を施し、
人間の究極の存在の証である“身体”をモチーフとして独特な世界を創り出します。

幻想的な空間の中、コスチュームに身を包む顔を見せない女性たち。

現代的であり、想像と妄想を掻き立てる画面は耽美(たんび)的に表現されます。

現代が生み出した慣習や、社会に影響を受け翻弄される人間の面白さと危惧、
そしてその奥底にある魅力について感じ取っていただければと思います。

 

 

小林美佐子 略歴

  • 1985年 神奈川県出身
  • 2011年 女子美術大学大学院美術研究科版画領域卒業
  • 2012年より 女子美術大学美術教育専攻助手

東京、大阪、群馬、バングラデシュ、中国などで個展・グループ展開催

第33回、35回 全国大学版画 町田美術館買い上げ賞受賞

女子美術大学卒業制作作品 JAM買い上げ賞受賞

浜口陽三生誕百年銅版画大賞(国際コンクール)準グランプリ受賞

第11回 浜松市美術館 版画大賞展 奨励賞受賞

奨学賞 大久保婦久子賞受賞

町田市国際版画美術館JAM(女子美術大学美術館)収蔵

 

 

画廊ビュッフェファイヴでの企画展

  • 2015年3月 小林美佐子展#1 個展
  • 2017年11月 小林美佐子展#2 個展

 

 

 

小林美佐子「花嵐」2017年 銅版画、リトグラフ、手彩色 34×26.5cm 額装 小林美佐子「花嵐」軸装 2017年 銅版画、リトグラフ、手彩色 119.5×39.5cm 軸装 小林美佐子「イーハトーブの鉱石館」2017年 銅版画、リトグラフ、手彩色 23×16cm パネル貼り 小林美佐子/花園 2014年、銅版画、リトグラフ、手彩色、Ф27.5㎝ 小林美佐子「化粧 其の二」2012年 銅版画、リトグラフ、手彩色 72.7×53cm パネル貼り

ベルナール・ビュッフェ 作家紹介

ベルナール・ビュッフェ「あざみ」1952年、リトグラフ、32.5×50㎝

「ベルナール・ビュッフェ/あざみ」

 

ベルナール・ビュッフェ

フランス・パリに生まれる。

  • 1948年弱冠20歳にしてパリの美術界に衝撃を与えるクリティック賞を受賞。
    日本も含め抽象絵画が全盛であった時代に、具象絵画の天才児として世界を席巻し地位を確立させる。
  • 1952年より毎年新作を発表し続け、1971年フランスの国家勲章ジオン・ドクール勲章を受ける。
  • 1999年最後のテーマ「死」を完成させたのち人生を閉じる。

親日家で幾度となく来日。日本でもファンも多くフランスに先駆け
1973年静岡県三島市にビュッフェ美術館がオープン。

油彩画はもとより1948年より銅版画(ドライポイント)、
1952年からの石版画(リトグラフ)制作にも力を注ぎ、
世界に多数のファンを獲得する基となった。

 

画廊ビュッフェファイヴ