画廊ビュッフェファイヴ

073-482-1994

営業時間:10:00~18:00 定休日:水曜日

純粋な心の筆跡
原 勝四郎 展

純粋な心の筆跡 原 勝四郎 展

 

純粋な心の筆跡
原 勝四郎 展

 

清貧と孤高の洋画家 原勝四郎が亡くなって56年が経ちます。
愛し続けた紀南の自然、家族、身近な静物などを
生涯に渡って描き続け唯一無二の芸術を遺しました。
その独特な表現と生き方は今もなお高い評価を受け続けています。
近年蒐集が難しい中、今展は油彩画10点と墨彩画4点を出品致します。
この機会に是非ご高覧頂きますようご来廊お待ち申し上げます。

 

2/1(土)~2/16(日)

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

 

 

 

原 勝四郎 略歴

 

  • 1886年 田辺市生まれ

  • 1904年 田辺中学卒業~東京美術学校西洋画科予備科に入学

  • 1915年 熊谷守一と親交を深める

  • 1917年 渡仏~翌年パリの画学校に通う

  • 1919年 南フランス~イタリア、アルジェリアを放浪

  • 1921年 再びパリに戻り日本帰国/第8回二科展入選

  • 1929年 竹中厚子と結婚/第16回二科展出品 以降1943年まで出品を続ける

  • 1930年 日高昌克と交友が始まる 後に二人展を開く

  • 1934年 日本画(墨彩画)を描き始める

  • 1948年 第2回二紀展出品 以降1960年まで出品を続ける(1953年から郷里の有志により後援会発足)

  • 1964年 逝去

  • 1979年 NHK日曜美術館 藤枝静男の「私と原勝四郎」放映

  • 1992年 NHK日曜美術館 「潮騒の画譜・原勝四郎」 放映

 

 

 

主な展覧会

 

  • 和歌山県立美術館 1965年

  • 京都国立美術館 1967年
  • 和歌山県立近代美術館 1972年
  • 梅田近代美術館 1973年
  • 神奈川県立近代美術館 1973年
  • 田辺市立美術館 1997年、2011年

 

 

併設

 

日高昌克(墨彩画) 鈴木重雄(油彩画)

 

 

「塔島風景」油彩 6号 「バラと静物」油彩 8号 「風景」油彩 4号 「バラ」油彩 4号

浜田邦男 アトリエの遺作展

浜田邦男 アトリエの遺作展

 

 

画廊ビュッフェファイヴ

海南市大野中608-11 水曜休廊

TEL:(073)482-1994 FAX:(073)483-1303

AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)

 

 

 

浜田邦男 略歴

 

  • 1918(大正 7年) 和歌山県海南市に生まれる。
  • 1942(昭和17年) 東京美術学校卒業。F氏賞、海軍賞受賞。
  • 1948(昭和23年) 向陽高校、1956(昭和31年)海南高校 教諭となる。
  • 1952(昭和27年) 和歌山青甲会に参加する。
  • 1968(昭和43年) 初めての個展(小松原画廊) ’70も開催。 ’74(白石画廊)
    ’77 ’78 ’84 ’89 ’07(画廊ビュッフェファイヴ)
  • 1977(昭和52年) 海南高校を退職する。
  • 1979(昭和54年) 美術グループASSを始める。
  • 1980(昭和55年) ASS版画工房を設立。
  • 1981(昭和56年) 海南市文化賞受賞。
  • 1996(平成 8年) 和歌山県文化功労賞受賞。
  • 2011(平成23年) 逝去。

 

 

同時開催

 

雑賀紀光 特別展(2Fにて)

 

 

浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展 浜田邦男 アトリエの遺作展

画廊ビュッフェファイヴ